せどり 2021年8月結果

ども、シプリアーノです。8月の最終が出てるので、結果発表していきます。

やる気は何となく無くて、あまりきちんと向き合わなかったので渋いです・・・汗

結論:せどりの結果はやらねば出ず、やれば出る。

プライスターの画像です↓

  • 売上    677,700円
  • 粗利      40,608円

利率の低さは損切り回収の証

粗利での利益率が6%って、経費引いたら確実に損益だろ(笑)

ちなみに言うまでもなく過去最低の利益率でした。

が、焦ったり不安になったりする事はあまり無かったです。

何でかと言いますと、支払いが出来たからです。

利益が4万しかないくせに、70万弱も回収したわけです!(笑)

※仕入れ下手くそすぎだろ(笑)

僕はこれまでにもせどり系の記事を書くたびに

  • 回転を重視しろ
  • 支払いだけは間に合わせろ

これを口酸っぱく言ってきました。

利益が出なくても赤字が出ても構わない。とにかく「これは売れない」と判断したら値下げをして現金を回収すべきだと僕は思っています。

それが出来たことと、固定費分(約2万円)は粗利益でカバーすることが出来たことで、少し安心しています。

特に8月後半の10日間で割と数字が伸びた実感がありますが、この期間はやっぱり価格改定にも向き合いましたし仕入れも幾らか行いました。

きちんと向き合うとすぐに結果が出るのがせどりの面白い部分でして、「やっぱり惰性でやっていてはダメだなー」と痛みを伴う勉強になった月でもありました。

もちろん先ほどお話しした価格改定のいくつかは損切りの為です。

9月に入りましたが、損切りも新商品の価格追従も継続しています。

前半はメーカー商品が好調、後半にAmazon本体の抑圧。

好調とは言っても2,000円未満で販売して、1個あたり300円ちょっとの粗利が出る商品です。

これが1週目に10個以上パパッと売れました。

かなりいい兆候です。

1週間で10個程度売れるのであれば、月に40個以上は売れる算段がつきます。

周りの出品者が当時14名前後いましたが仲良く横並びの価格でして、リテラシーも文句なしでした(*´∀`*)

ところがある日、同じ商品が売れた粗利益を見ると数十円になっていて、価格追従を設定し直しました。

追従していた相手はAmazon本体でして、多くの出品者から最も嫌われる出品方法を採っていました。

Amazonはプラットフォームなので結構な割合で「ルールは俺だ」を発動します。

この場合は同商品に関して最低の扱いをしてくれました。

  1. 在庫がないくせにカートを独占する
  2. 他の出品者より300円安く出品する

この二つの掛け算によって

  • カートを取ったAmazon本体の在庫がないことで、消費者には同商品自体の在庫が全くない様に見えてしまう
  • 「他の出品者はこちら」が大変見づらいところに隠されている
  • 他の出品者は利益が出ない
  • 追従設定をしていた出品者は価格競争に陥る
  • 相場が一気に下がった

という事が起こりました。

そして不運なことに、直後になぜか出品者が5名増えました(笑)

マジで何でだよ(笑)

自宅に寝かせている商品もあります

こちらはもちろん非公開ですが、2,980円で40個仕入れた商品があります。

合計119,200円ですね。

もちろんさっさと売ってしまった方がいいのですが、現在他の皆様が大変な競争中なのです。

恐らく4,900円〜6,400円くらいを行き来すると思います。

僕は過去にこの商品を売って大変儲かった経験があります。

そして、如何なる値段でもバンバン売れていくのを知っています。

Amazonに送ってしまえば保管量がかかってしまう為、現在は自宅に封印しています。

早くしないと利益どうこうよりも、存続の為の現金が・・・!(笑)

と、先月のまとめには記載しました。

そしてこれを「期は熟した!」とFBA納品した直後に、出品者が10人増えました(笑)

同じことを考える人がいたってことですね・・・。

多分この人たちが捌けても、もう一度同じ事が起こるでしょう。

今この商品は出品停止にして寝かせていますが、場合によっては僕が望むより1,000円安く売らなければならないかもしれません。

それでも6万円弱の粗利益にはなりますが、できれば12万円ほど掴みたいところではあります・・・!

まとめ:損切りは継続しつつ、店舗に出ます。

実は先月のまとめに「コストコオンライン(以下CO)だけで何とかしようとする自分がいる」と記載していまして、内容はこんな感じ↓

楽なの!

梱包も丁寧で、商品も綺麗で回転が良くて楽なの。

来たものを開けてシール貼って出すだけだから楽なの(笑)

段ボールも新しく買う必要がないし、緩衝材も何もかもぴったり必要分送られてくるから、楽なの・・・。

コストコの良さはこちらで紹介するとして・・・↓

メリットだけを羅列して、デメリットには目をつぶった様な文章です(笑)

まぁこれだけでも実際に数十万円なら稼ぐ事もできます。

  • 毎日隅から隅までリサーチ(早い者勝ち)
  • 美味しい商品にガッつける勇気
  • 在庫切れにならない様に一気に納品納品
  • ライバルと価格競争になる覚悟

みたいな事ができれば、数ヶ月に一回はボーナスが到来する事もあります。

なのですけども、COは堅実にやった方がいいという結果に今は落ち着いています。

堅実に儲かるんですよ。だから「COで固定費分は稼いで店舗で勝負に出る」みたいな分散を効かせるのが賢いと思います。

COの本当に美味しい商品は一瞬で無くなるか個数制限になるか、ライバルが激増するか・・・そんな世界です。

もちろんこれが掴めれば一番美味しいのですが、結構な努力と時間がかかります。

実は今僕が狙っているのは「微妙に回転が悪いけど必ず2〜3ヶ月で売り切れる商品」です。

仕入れ基準が高いライバルが増えにくい上、COでも異常な安値で置かれており、最終在庫処分の可能性も高い事がわかってきました。

そして店舗です。実は8月、ニコニコレンタカーがハイシーズン割を導入するしアルバイトを始めるしで、一切店舗せどりをしませんでした。

これが良くなかった。

交通費や労力、そして時間はかかりますがだからこそ皆んなネット仕入れで完結したいのです。

というわけで基礎基本、初心に立ち返れば「店舗せどりはイージー」です。

1日に最低5店舗、多くて10店舗以上回るというのをせどり開始当初は月に4回必ずやっていました。

本業も動いてい他ので今より断然ハードです。

だからこそここまでやって来られたと、先月思い直しました。

9月はハイシーズン割も無くなるので(笑)、きちんと店舗せどり(主にコーナン)を再開したいと思います。

長々と最後までありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA